弓削高日記

校内弁論大会

6月10日(木)7限、校内弁論大会が行われました。

 

【演題一覧・要旨】

1 すみませんの功罪(1年生徒)

  日本人がとっさの一言で使う「すみません」。なぜ、私たちは、「すみません」を多用するのだろうか。

2 最高の相棒探し(2年生徒)

  学生の必需品であり、多くの時間を共にする仲間。それは、私たちのミスを消してくれる、あの文房具なのだ。

3 私たちは、なぜ勉強するか(3年生徒)

  いい大学に行きたいから?将来、必要な知識だから?私たちは勉強をしている意味を、今一度考えることが大切だ。

4 本当にその役は必要か(2年生徒)

  「なぜ、注意をしているのに、嫌われなくてはいけないの?」注意するにも勇気が必要。あなたなら、どうする?

5 仮想世界(3年生徒)

  子供の頃、熱中したポケ〇ンの世界。もし、私たちの周りに彼らがいたら・・・。真剣に、科学的に、考えてみた。

6 名前(1年生徒)

  賛否が分かれる夫婦別姓制度に、私は、反対だ。子供の目で考えてほしい。「家族の絆」は、どうなるの?

 

教頭講評では、代表者の弁論は聴衆に訴えかける内容のものが多く、メッセージがよく伝わった、

また、弁論を聞いている生徒の皆さんの態度もすばらしかったとのコメントをいただきました。

茶道部の活動をのぞいてみました。

6月9日(水)、茶道部の活動をのぞいてみました。

茶道部は、毎週水曜日活動しており、外部講師の方が指導してくださっています。

抹茶大好きな先輩が後輩を優しく指導していました。

 

1年生、SDGsを学ぶ!

6月8日(火)、1年生対象にSDGs学習会を行いました。
シンク・ジ・アースのSDGs for School認定エデュケーターである内海氏によるワークショップ形式の授業(オンライン)で、生徒はSDGsを「自分ごと」にできたかなと思います。
新聞記事の内容がどのゴールとリンクするのか、自分ならどう考えるか、正解のない問いに対して生徒たちは奮闘していました!

   

#SDGs For School

たまには図書室で・・・

「芒種(ぼうしゅ)」

6月6日ごろ。二十四節気の一つ。田植えの目安とされた時期。

 

本日は夏日(25度を超えた日)となり、少し蒸し暑さを感じる一日でした。

30度を超える真夏日も、間近かもしれません・・・。

 

そこで、弓削高校で一番ひんやりしている図書室で午後から授業を行いました。

特に、今日は4限目の体力テスト・地獄のシャトルランで体力を奪われた2年生たち。

なんとか熱さと眠気に打ち克ち、積極的に授業に臨んでいました。

 

(図書室の長机を活用して、古文単語・暗記かるたに熱狂する2年生)

6月5日、6日に地域みらい留学オンライン学校合同説明会に参加しました!

地域みらい留学オンライン学校説明会とは、全国募集の一環で行っている、全国の中学3年生やその保護者に向けた合同説明会です。

弓削高校は以下の2つのテーマで説明しました。

① 地域みらい留学の青春「海!離島!最高の3年間を弓削島で過ごそう!」

② 放課後の学習環境「放課後の学校での新しい居場所、ゆめしま未来塾とは?」

生徒や塾の先生、弓削高校教員、島親さんと発表し、大変有意義な時間となりました。

次は、7月3、4日に開催されます。次回も全国の方々に弓削高校の魅力を伝えたいと思います!

   

 

#地域未来留学HPはこちら

#島親さんは狩人