令和2年度 台風等自然災害への対応について

本人・家族の安全確保を最優先とし、その上で本校では、以下のような対応をとることとする。

A 「特別警報」「暴風警報」「暴風雪警報」のいずれかが発表されている

B 「大雨警報(土砂災害、浸水害、土砂災害・浸水害の3種類いずれの場合も該当)」が発表され、さらに「土砂災害警戒情報」(警戒レベル4相当)がともに発表されている

C 「避難準備」「避難勧告」「避難指示」のいずれかが発令されている

 

○ 午前6時30分の段階で、上島町に上記A~Cのいずれかが該当する場合

   →生徒は全員自宅で待機

    その後の行動については、詳細をホームページにアップするので確認すること。 

 

○ 午前6時30分の段階で、上島町に上記A~Cは該当しないが、自宅のある地域で上記A~Cのいずれかが該当する場合

(1)上島町在住の生徒→原則として登校する

(2)その他の地域の生徒→通学に利用している船舶が欠航すれば自宅待機

 

○ 通学に利用している船舶が何らかの理由で欠航している場合

(1)通学に船を利用しない生徒→原則として登校する

(2)通学に船を利用する生徒→自宅待機

 

 ○ 上記A~Cが解除され、かつ、船の運航が再開された場合

(1)弓削・佐島・生名の生徒 

→ 原則として登校する(ただし正午までに警報が解除されない場合は、登校せず自宅学習)

  (2)岩城の生徒

→ 原則として登校する(ただし10時32分の岩城発快速船に乗れない場合は、登校せず自宅学習)

(3)魚島の生徒

→ 原則として登校する(ただし9時15分の魚島発ニューうおしまに乗れない場合は、登校せず自宅学習)

   (4)伯方の生徒

→ 原則として登校する(ただし10時20分の木浦発快速船に乗れない場合は、登校せず自宅学習)

(5)因島の生徒

→ 原則として登校する(10時00分の土生発快速船、11時30分の家老渡港発家老渡フェリー(通学に利用している船舶)に乗れない場合は、登校せず自宅学習)