今年1年を表す漢字は?

毎年、清水寺で披露される「今年1年を表す漢字」。

2020年の漢字は、皆さんご存じの通り、「密」でしたね。

 

 

コロナウィルスの感染拡大からの臨時休業を経て、

弓削高校でも「新しい生活様式」が励行されるようになりました。

2020年は学校生活にも大きな影響があり、激動の1年間でした。

 

そこで、各学年の生徒や先生に、「今年1年を表す漢字」を聞いてみました。

 

〈1年〉

「笑」たくさん笑った1年だったから。〈笑顔が素敵です〉

「話」休み時間や家で、たくさん話をしてコミュニケーションをとったから。〈笑い合える友人や家族がいることは、幸せですね。〉

 

〈2年〉

 

「苦」いろいろなことに苦しんだことが多かった。〈その分、たくさん成長できたのではないでしょうか?〉

「待」自宅待機の一年。〈旅行好きのT先生にとってはもどかしい期間が続いています。〉

 

〈3年〉

 

「歩」止まりながらも、少しずつ歩くことが大切だと気づかされた。〈「歩」を分解すると…確かに!〉

「進」ずっと上島町にいて、来春から進学してみんなが別々の進路に進むことを実感した。〈人生の、大きなステップです!〉

「思」卒業前に、弓削高での思い出がたくさん蘇ってくるから。〈今日という日も、あなたたちの青春の一ページです。〉

 

 皆さんの、今年一年を表す漢字は何ですか?

そして、来年どんな年にしたいですか?