人権・同和教育講演会

10月17日(木) 人権・同和教育講演会が開催されました。

 

 

 講師に西山博先生をお招きし、「障がいのある人の人権を考える ~これって、差別?~」について講演して頂きました。

 

 <感想>

・人の思い込みや無知が差別を生んでしまう。だからこそ「正しく知る」ことが大切だと思いました。

・「親切心」がすべて相手のためになるとは限らず、「行動」することも大切だということに改めて気づいた。

・偏見が無意識に存在しており、社会の在り様を変えることが必要である。といった新しい価値観が自分の中に生まれた。

・差別 or 差別でない の判断が難しいと感じ、正しく知ることが大切だと感じた。

  など、生徒にとって、障がいや人権について改めて考える機会になったようです。 

 

 

 

 

 その後、意見交換会を実施いたしました。