カテゴリ:学年の様子

校内弁論大会

6月10日(木)7限、校内弁論大会が行われました。

 

【演題一覧・要旨】

1 すみませんの功罪(1年生徒)

  日本人がとっさの一言で使う「すみません」。なぜ、私たちは、「すみません」を多用するのだろうか。

2 最高の相棒探し(2年生徒)

  学生の必需品であり、多くの時間を共にする仲間。それは、私たちのミスを消してくれる、あの文房具なのだ。

3 私たちは、なぜ勉強するか(3年生徒)

  いい大学に行きたいから?将来、必要な知識だから?私たちは勉強をしている意味を、今一度考えることが大切だ。

4 本当にその役は必要か(2年生徒)

  「なぜ、注意をしているのに、嫌われなくてはいけないの?」注意するにも勇気が必要。あなたなら、どうする?

5 仮想世界(3年生徒)

  子供の頃、熱中したポケ〇ンの世界。もし、私たちの周りに彼らがいたら・・・。真剣に、科学的に、考えてみた。

6 名前(1年生徒)

  賛否が分かれる夫婦別姓制度に、私は、反対だ。子供の目で考えてほしい。「家族の絆」は、どうなるの?

 

教頭講評では、代表者の弁論は聴衆に訴えかける内容のものが多く、メッセージがよく伝わった、

また、弁論を聞いている生徒の皆さんの態度もすばらしかったとのコメントをいただきました。

月末のお昼の楽しみ♪

月末の金曜日、世間ではプレミアム・フライデーと言いますが、

弓削高校でも、月に1回、月末の金曜日には、地元のパン屋さんが車内販売をしてくださっています。

(写真:以前のパン販売の様子)

 

パンを買いに並ぶ、他愛のない時間も、高校生にとっては青春の一ページになるはずです。

クラス集合写真撮影

本日、第一学期中間考査2日目です。

昨日、考査後にクラス集合写真を撮影しました。

 

ポーズを決める初々しい1年生と、隣の人との身長差を気にする2年生。

 

さすがの貫禄の3年生。

詳細な写真は、完成した実物でご確認ください!

進路ガイダンス

1月29日(金)に、進路ガイダンスを実施しました。

12分野に分かれ、各分野の説明やその職業に就くためには

どのようなことが必要なのかを講義していただきました。

進路選択の参考にするだけでなく、弓削高校で取り組んでいる仕事創りにも生かしてください。

 

総合的な探究の時間について

 

弓削高校の魅力の一つでもある「総合的な探究の時間」

具体的にどのような内容を行っているのか少しだけ紹介します。

 

【1年生】

〇 VUCA時代:「社会やビジネスにおいて将来の予測が困難になっている状態」を示す言葉。

 VUCAとは何か、どのような人材が求められているか要点がまとめられている。

 

〇AI時代の人たちというテーマでまとめられている。

 20年後に残る、残らない、生まれる職業という切り口からAI時代に求められる人材や能力についてわかりやすくまとめられている。

 

〇説明できそうで、説明できない「職種」と「業種」の違いについて、わかりやすくまとめられている。

 

〇「伝えたいことを正確に伝える」というテーマのもと、STAR法とPREP法を比較し、それぞれの特徴についてわかりやすくまとめられている。

このように、1年生では仕事とは何か、働くこと・仕事・職業の違いとは何か、など

仕事に関する理解を深めます。また、仕事を選ぶ際の価値観を言語化したり、

これからの時代に求められる人材について学び、問題とは何かを知り、発見し、原因を考え、

チームで共通の課題に取り組みます。

 

【2年】

Port town Kamijima.

 

ミラクルドリーム

2年生では、地域課題を見つけ、問題・課題を解決する仕事・事業継承に関するビジネスモデルを考えて、説明し

模擬会社を設立する。投資家に融資をうけるために、プレゼンテーションを実施。

また、企画したビジネスプランを実行する予定です。

 

~ 2年生の皆さまへ ~

 1月の授業までに、与えられた課題を解決しておいてください。