カテゴリ:学校からのお便り

令和4年度全国高等学校総合体育地区推進委員会参加報告

 6月19日(水)令和4年度全国高等学校総合体育大会地区推進委員会が今治南高校で開催されました。周桑今治地区の高校生が集い、大会成功に向けて熱心に協議をしました。本校2年生、中根綾花さんもその協議に参加し、本校としての提案を述べることができたと思います。まだまだこれから考えないといけないことも多いと思いますが、他県から参加されるすべての方々に愛媛に来てよかったおっしゃっていただけるように、他校のみなさんと協力していきたいと思います。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弓削高だより、図書だより6月号発行のお知らせ

弓削高だより6月号、図書だより6月号を発行いたしました。

ぜひ、画像をクリックしてご覧ください。

 弓削高だより6月号.pdf

図書だより6月号.pdf

 

時が過ぎるのは早いもので、明日でもう6月です。

生徒の中には、半袖に衣替えをしている者も見受けられます。

 

6月は旧暦で水無月と呼びますが、空は相変わらずの雨模様大雨

史上最速の梅雨入りとなり、先週は雨の日が続きましたが、今週は晴れ間を期待したいと思います晴れ

 

 (昼休み中の一枚。暗い天気に決して負けない、いつも明るい3年生!)

クラス弁論大会

5月27日(木)5・6限、各学年でクラス弁論大会が行われました。

 

 

学校生活を送る中で感じた素朴な疑問から、社会問題、国際問題に関する話題まで・・・

 

テーマはとても幅広く、各学年、時には真剣に、時にはユーモアを交えながら、個性が光る弁論が行われていました。

 

各学年代表者2名は、来月の校内弁論大会にて、全校生徒の前で意見を述べます。

 

様々な人の弁論を聞き、多様な考えに触れ、価値観を広げていきましょう。

 

 

マルチリンガルな職員室?!

弓削高校の職員室の近況をお伝えします。

 

現在、弓削高校は、大手IT起業さながら、英語、スペイン語をはじめとする多言語が飛び交っています。

 

なんと、英語科のT先生は英語はもちろん、スペイン語まで話すことができるのです!!!

 

また、4月より弓削高校に毎週月曜日来校しているALTのジョナ先生も、スペイン語話者です。

 

そこに、ドイツ語を習得したI先生と、英語を学習中のO先生、そして伊予弁がペラペラなS先生が加わり・・・。

言語に対する興味関心・そして学習意欲が際限なく高まる状況です。

 

そこで、弓削高生にスペイン語クイズです!

 

Q:スペイン語の「Mucho(ムチョ)」とは、英語でどのような意味?

 ①音楽   ②とても   ③刑務所 

         ↓

         ↓

         ↓

         ↓

         ↓

 

 

A:②とても  

解説:Mucho = Much(マッチ) です。そういえば、音がどことなく似ていますね。

 

ぜひとも、月曜日はジョナ先生に日本語だけでなく、スペイン語や英語で話しかけてみてくださいね。

総合的な探究の時間①(1・2年生)

5/17(月)、1年生と2年生は総合的な探究の時間の初回を迎えました。

 

◎1年生「しごと創造学」

 

 

「働く」「仕事」「職業」の違いについて、グループで協力しながら分類分けを行い、理解を深めていきました。

 

◎2年生「地域仕事学」

 

「仕事を創るために必要な3つのこと」を考えました。

ユニークなワードセンスが炸裂しているグループもあり、盛り上がっていました。

また、今までになかったアイデアで地域創生に成功した事例について紹介された資料を、KJ法で読み合い、内容を共有しました。